たまには和風でパスタを食べる!混ぜるだけで簡単ランチはいかが?

※アフィリエイト広告を利用しています

レシピ
スポンサーリンク

皆さんが好きなパスタは何ですか?

ミートソース、カルボナーラ、ナポリタン、ペペロンチーノ・・・

パスタと言えば、洋食のイメージがあるのですが、
スーパーのパスタソースコーナーに行くと、
和風パスタのソースもたくさん並んでいますよね。

和風パスタの代表的なソースはたらこでしょうか。

たらこは、合わせるものによって、和風にも洋風にもなりますよね。

醤油と合わせたら和風だし、クリーム系にしたら洋風。

どちらにも合うなんてなんか不思議ですよね。

スポンサーリンク

たらこと明太子の違いは・・・ない!?

みなさん、たらこと明太子の違いって、分かりますか?

明太子は辛みが効いたたらこでしょ、と思いがちですが、

辛いものには辛子明太子という名前がついています。

では、たらこと明太子の違いって・・・

実は、方言の違いなんです!

辛くない、塩味のものを「たらこ」と呼ぶ方が多いと思いますが、
それと全く同じものを、九州地方の方は「明太子」と呼ぶのです。

そして、唐辛子で辛めに仕上げたものは、「辛子明太子」なんです。

文化の交流が広まっていくにつれて、両方の言葉が混在するようになったんですね。

九州地方で作られたたらこのお土産の名前は、
ほとんど「明太子」という名前で売られていますよね。

方言だったんですね、驚きました。

私は東北にいるので、明太子と聞くと、
やっぱり辛いたらこをイメージしてしまいます。

明太子もたらこも、同じもの。

辛いたらこが辛子明太子。

しっかり覚えておきましょう!

たらこの和風パスタ

【材料】

パスタ  100g

たらこ  1腹

バター  15g

ポン酢  大さじ2分の1

めんつゆ  大さじ2分の1

刻みのり  適量

刻みねぎ  適量

 

【作り方】

1.鍋にお水を入れて、パスタを茹でます。その間に、他の準備をします。

2.たらこを、皮と身に分けます。皮を一部分包丁で切って、包丁の背でかきだすと簡単です。

3.パスタも入るくらいのボウルに、たらこ、バター、ポン酢、めんつゆ、刻みネギを入れます。たらこの皮を入れるかどうかはお好みで。

4.茹で上がったパスタを、ボウルに入れて全体をよく混ぜます。

5.お皿に盛りつけて、刻みのりをかけたら出来上がり!

スポンサーリンク

薬味を変えると、また違った風味に

今回はネギとのりを入れましたが、大葉もいいですよね。

さっぱり爽やかな風味になります。

ちょっと白ごまをかけると、香ばしさがプラスされて、
違った風味になります。

そして、たらこも全体的に混ぜましたが、
後乗せな感じで、上にちょこっと乗せるのもオシャレな感じですね♪

バターがパスタに絡んで、食べやすくなっています。

 

たらこ、辛子明太子は、ご飯に乗せるだけでも食欲がそそられますよね。

おにぎりに入っていると、嬉しくなっちゃう具。

お店によっても味付けが違うので、お好みのたらこを見つけてみたくなります。

今回のパスタも、お好みのたらこを使って、
ぜひ、試してみてください♪

 

次回の記事も、お楽しみに♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
N.Mitsuki

おかずはあまり食べないけれどご飯はもりもり食べる、
元気な2人の男の子たちを育てながら、
毎日のご飯作りが楽になる情報を集めて発信しています。
なんでも美味しく食べてくれる日が来ますように・・・

N.Mitsukiをフォローする
レシピ
N.Mitsukiをフォローする
2児のママがおすすめ!大人と一緒に食べる幼児食
タイトルとURLをコピーしました