レタスは火を入れても美味しい!レタスチャーハンは私のお気に入り

※アフィリエイト広告を利用しています

レシピ
スポンサーリンク

レタスって、ひと玉で買っても、
サラダだけだとなんか飽きてしまって、
最後焦って食べきる、みたいになりがちですよね。

レタスのレシピのレパートリーをお探しのあなた!

レタスチャーハンがありますよ!

チャーハンの中にシャキシャキレタスが入っていたら、
食感も楽しいし、食物繊維も摂れるし、美味しく食べられます。

ということで、今回はレタスチャーハンをご紹介します。

火を入れると一気に量が減るので、大量に消費したいときにもいいかも。

スポンサーリンク

レタスを長持ちさせるには、芯が重要!

家族の人数が少ないと、レタスをひと玉を食べきるのに時間がかかっちゃうのが悩みです。

レタスを出来るだけ長持ちさせたい、と思いますよね。

実は、レタスを長持ちさせられる便利グッズがあるんですよ!

知ってました?

プラスチックの針のようなものが4つついていて、
それをレタスの芯にはめ込むだけ!

これだけで、長持ちする期間が全然違うんです。

簡単ですね、それだけでいいなんて。

 

また、先日、テレビで別の方法が紹介されていました。

レタスの芯に、片栗粉や小麦粉を厚めに塗るだけ!

そうすると、レタスの水分量が保たれて、鮮度を保てるんです。

芯にピックを入れ込むのと、小麦粉を塗るのとでは、
レタスの鮮度を保つメカニズムが違う感じですよね。

ピックを入れるのは、成長を止めるため、
小麦粉を塗るのは鮮度を保つため、ですもんね。

どちらも手軽にできるので、すぐにでも始めたい!

ではいよいよ、レタスチャーハンの作り方をご紹介します!

レタスチャーハン

【材料】2人前くらい

お好きなお肉  100g(私はひき肉が好きです)

たまご  2個

ご飯  1合くらい(2人分)

鶏がらスープの素  大さじ2

塩  適量

コショウ  適量

醤油  小さじ3くらい

レタス  4分の1くらい

 

【作り方】

1.好きなお肉を炒める。私はひき肉を使いますが、豚小間でも、豚バラでも、牛でも鶏でも、なんでも合います。

2.お肉の色が変わったら、たまごを割り入れ、ほぐします。

3.あまりたまごに火が入らないうちに、ご飯を入れる。このとき、火は強火にします。

4.ご飯がパラパラしてくるまで、強火で炒めます。

5.鶏がらスープの素と、塩コショウで味付けします。

6.香りづけとして、醤油を回し入れます。最後まで火は強火です。

7.火を消したら、レタスを入れて、よく混ぜたら出来上がり。

スポンサーリンク

レタスがシャキシャキで美味しいチャーハン♪

余熱でレタスに火を通すので、
ちゃんとシャキシャキ感が残った、食感の楽しいチャーハンが出来上がります。

今回、野菜はレタスだけなので、結構たくさん入れました。

他の野菜やキノコなどを入れても美味しいですよ。

チャーハンに合う野菜、定番は玉ねぎですかね♪

きのこはマイタケを入れると、だしがでて
いつもと違った味わいになります。

かまぼこやかにかまを入れても、だしが出て美味しいです。

 

今回のレタスチャーハンでは、結構レタスを入れるので、
最後余っちゃった、という時にぴったり。

また、自分で味付けをするチャーハンでしたが、
チャーハンの素もスーパーに売られています。

どんな味付けでも、レタスなら馴染むので、
家にレタスが残っていたら、ぜひ試してみてください!

 

次回の更新も、お楽しみに。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
N.Mitsuki

おかずはあまり食べないけれどご飯はもりもり食べる、
元気な2人の男の子たちを育てながら、
毎日のご飯作りが楽になる情報を集めて発信しています。
なんでも美味しく食べてくれる日が来ますように・・・

N.Mitsukiをフォローする
レシピ
N.Mitsukiをフォローする
2児のママがおすすめ!大人と一緒に食べる幼児食
タイトルとURLをコピーしました